レトロをキーワードに60s70s80sのアイテムからスポットまで、
イラストレーターでもある古着屋の店主がズバリ解説しちゃいます。
戻れやしない時代に戻ってみるのさ。

【retro.004】博多パラダイス

1960年代に博多埠頭に夢の楽園があったらしい???

現実だったのか、妄想話だったのか
その時代を生きた人しかわからない そんな時代に触れてみよう。。。。。

とある古いアルバムを見てると 1枚の半券チケットが貼ってあった
レトロ好きなのでテンションがもちろん上がるっ!!
そこには「博多パラダイス」の文字が

hakata1

イラストには見覚えのあるタワーがあるじゃないか!
博多ポートタワーだ、それは見ての通りわかるのだが
その周りの様子がス・テ・キじゃないか
サンダーバードのようなアメ車で 更に床が交互なモノトーン調、50年代!
アメリカンフィフティーズな感じ。
hakata2

しかも謎の遊具がいっぱいあるよ、サーキット場みたいのや
スリルありそうな遊園地級の乗り物が描いてあるし
現代よりも50年近く昔のほうが華やかに思えてきたぞ。
hakata3

博多ポートタワーも今年の10月でなんと!50周年
との事だから もっと注目されても良いような気がするので
勝手に博多ポートタワーについて語ってみますね。

この半券チケットの文字、博多パラダイスっていうからには
夢のレジャーランドだったのかもしれない。
でもこの時代の事を知ってる人のお話を聞く機会もないので
まずは検索してみたよ、
ウィキペディアによれば
博多パラダイスには遊園地や展望温泉などもありと書いてある。
1964(昭和39)年にオープンしたレジャーランドだったのだ。
この半券チケットの世界は、どうやら本当のようだ。
hakata4

築港方面やベイサイドプレイスに行くと、特徴的な博多ポートタワー
ドーンと建っていて、その存在感が好きです。
しかも豪華客船やら、外国船に
いろんなフェリーが泊まってると ワールドワイド!って感じに思えるし。

博多ポートタワーについて、ちょっぴり調べてみたら
赤く塗られた鉄骨も印象的なのですが
東京タワーや別府タワーに似てるよねと思ってたら
やはり同じ設計者(内藤多仲)だった。

東京タワーは、観光グッズもいっぱいあるのに 博多ポートタワーは
「ポートくん」というキャラクターはいるものの
ゆるキャラ感が強いのでグッズとか作ればいいのにと思うが
特にグッズもないようだ。

キャラクターは人によって好みもあるし
もし作るなら、コレクター向けの数量限定でポートタワーの模型とか
このような組み立て式の 子供向け教材作れば、売れると思うけどなぁ~。
hakata5

または何かグッズを作ってみたいなぁ。いい案はあるよ。

なんだかポートタワーという魅力的なレトロ建築があるのに
もっとスポットライトを浴びてもよさげな気がするのになぁ~と思った

5年とか10年とかアッという間に時間経ちますし
何事もそんなにすぐには 変化しないような気がしますが
20~30年後の未来だと、逆に昭和に戻ってるかもしれないよ。。。。

ファッション誌は季節毎に流行を発信しますが
昔見たアイテムが時を経て 再び流行っていることがありますね。

もしかしたらボウリングブームの再来でボウリングシャツも
流行るかもしれないし、 1960年代~1970年代前半頃、日本では
ボウリングが大流行しましたが。 ベイサイドには
魚のいる大きな水槽があるし、 次の時代!!
斬新な海辺の海中ボウリング場があるかもしれない・・・
hakatabowing

数十年先の時代なら、コナン君のスケボーみたいのや
「バック トゥー ザ フューチャー2(1989年の映画)」で
マイケル・J・フォックスが乗っていた空飛ぶスケボーみたいのも
あるはずだ、ちなみに映画の中は2015年の世界が描かれて
娯楽のパラダイスが出てきてた、未来に博多パラダイスがあるならば
そんな感じなのかもしれない。。。。。
hakatafuto

フェリーも停まる、海辺の立地で
海外からの 顧客もみこめるんじゃないのか。 20~30年後どうなる
博多埠頭??? 世界に誇れる観光地?になってるのかもしれない。。。。。。

遊園地にプールや大温泉で家族連れも楽しめ
人気の回転寿司屋からフレンチトースト店まであったり
収益を生みだす、船上カジノに船上パチンコなどの娯楽施設まで
ありとあらゆる欲望の揃ったような、ゴージャスな船上商店街

まさにパラダイスな時代が、果たして、この先
来ることはあるのだろうか。
好景気といわれる時代が来るといいのだが。

僕が子供の頃は、温泉といえば原鶴温泉や別府がとても栄えてて
子供会なんかで、よく行って楽しかった思い出がありますし。

昭和の時代、デパートの屋上にはちっちゃい遊園地があり
とても魅力的でした。

次の時代の子供たちが楽しめて思い出に残る
パラダイスな場所が 身近にあるといいですね。
そう思う今日この頃です。

まだまだ妄想が溢れ出て、とどまることを知らないので
今回はこのへんで・・・

さて次回も、話題は違うものの
福岡に関するエトセトラということで
★知ってるかい「太平洋クラブライオンズ」です。
70年代に斬新すぎるオシャレ!?アイテムを残した
プロ野球チームを現代風に解説します。 おたのしみに!!

 


最新コメント
  1. でむぞー
  2. ツネ

ツネ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開される事はありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)