レトロをキーワードに60s70s80sのアイテムからスポットまで、
イラストレーターでもある古着屋の店主がズバリ解説しちゃいます。
戻れやしない時代に戻ってみるのさ。

【retro.005】知ってるかい『太平洋クラブライオンズ』

福岡のプロ野球チームといえばソフトバンクホークスなのだが
1970年代にさかのぼって 、とある球団の斬新アイテムに
興味を持った出来事があったのですよ。。。

※(おもいっきり、このコラムの今回のタイトルで球団名書いてますが(笑)
まだ球団名は、伏せてるつもりで、もう少し読んでみてくださいね)

数年前、福岡市博物館に行ったときに、その衝撃の出会いが起こったのでした。

西鉄ライオンズ関連のグッズの展示が行われてまして
古い野球グッズを見ておりましたら、 その中で
僕が「おっ!これスゲ~!!」となっちゃったのが
70年代の雑誌の表紙だったのだ!確かベースボールマガジンだったか。

西鉄ライオンズではなく、謎の球団???の野球選手が
派手なショッキングピンクのユニフォーム
(林家ペー&パー子さんの服の色と同じ感じだ!)で
表(胸元)に番号があるアメフトのユニフォーム風
(というかそのままアメフト)っての着てるし!
これアメフト選手団??いや帽子かぶってるから、プロ野球のはずだぞ~と思い
そのユニフォームに衝撃インパクトをうけたのでした。

yakyuu05西鉄ライオンズの展示をみてるのに片隅にあった
その謎の球団の方に興味を持ったので
気になっちゃって気になっちゃって、いろいろ調べてみました。。。

西鉄ライオンズは、むかし福岡にあった球団ってのは知ってるし(名前ぐらいですが)
復刻ユニフォーム見てLIONSのロゴがかっこいいと思ったことがあるぐらいだが、、、

昨年11月から福岡市博物館には
西鉄ライオンズの常設展示 コーナーができてるとの事ですし。
西鉄ライオンズは今も熱い注目を浴びてるわけですが
その球団ではなくて、、、

今回スポットライトを当ててご紹介してみたいのは、そう!謎の球団
その正体は!? 太平洋クラブライオンズ(1973年~76年)だ!!!
(球団名バレバレでしたが・・・)

西武ライオンズの前身が、クラウンライターライオンズ
その前が、太平洋クラブライオンズとの事だ
(画像を検索してみたら、70年代のクラウンライターや太平洋クラブのユニフォームの
デザインはどれもかっこいいと思いました。)

yakyuu02(個人的に持ってるレトログッズの中より↑
チープな作りの太平洋LIONSバッジです。
当時の駄菓子屋とかで売られてたか、くじの景品とかだと思われる)

yakyuu01

(↑遠くから見ればファッションアイテムとして お洒落ブローチにも見えるかもね!!!)

今や福岡には、ソフトバンクホークスがあり、ヤフオクドームがある。

いろいろ調べてみたら西鉄ライオンズの時代から1978年までは
福岡にプロ野球チームがあったという事を知りました。

ダイエーホークスができたのが1989年との事だから
そこから先は福岡にも、球団があるよ!ってのはわかるのだが。

太平洋クラブライオンズのあった時代は
40年ぐらいむかしの1970年代、それにしても、さっきも触れた
ショッキングピンク(正確にはワインレッドとの事だが)のユニフォーム
お洒落だと思うけどなぁ、表に番号があるのがインパクト大!だ。

でもでも当時は奇抜すぎたのか派手すぎたのか
70年代だからサイケで派手でもいいんじゃないかと思うが???
残念ながらこのユニフォームは
1976年に、 たった数ヶ月ほどしか使われなかったらしいのです。

この派手な原色ユニフォームは
今の時代のプロ野球選手が着てたら明るい気分で華やかに見えそうだが
当時は林家ペー&パー子さんしか、派手な上下セットの服(ピンク色)は
着こなせな いような、昭和な時代だから、注目度やインパクトは凄かっただろう。

林家ペー&パー子さんはもちろん現在でも同じスタイルを貫いてるから素晴らしいと思いますし。
そして時は流れまして、時代は平成、しかも平成26年ですよ
何でもアリのファッション時代!
ピンクを斬新に80sスタイルで着こなす若者は多いし
男女着てるものが似てたりユニセックス(男女兼用)の服も多い。

この表番号ユニフォームをファッションアイテムとして
現代風にアレンジして売り出したならば、いけるのかもしれないぞ!
と思った。 襟はV字ではなく写真のような、 ゆるい80年代風で

yakyuu03

お腹あたりの番号(数字)は
自動車のナンバープレートのように 自分が好きな番号を選べる
セミオーダーでもいいかも。

yakyuu04

(↑こんな感じにしてみたならばどうだろうか、、、 ただのロゴTシャツじゃん!というツッコミも入りそうですが(笑)

野球のユニフォームが、背番号じゃなくて、表番号って考えというか
このアイデアはホント面白いと思いました。

もし、70年代に表番号が 流行っていたならば
現代の常識は変わり。
ありとあらゆるユニフォームの 番号が表にあって、チーム名が
背中に書いてあるのが普通だったのかもしれないし
派手な色が流行カラーだったのかもしれないし
ピンクの帽子も流行ったかもしれない。

ところで、みなさんは野球帽をかぶる機会は、おありでしょうか?
僕は子供のころ以来 被ってないような気がします。

最近はプロ野球チームの野球帽をかぶってる小学生もあまり見ないような気がしますが、
逆に10代20代の方がNewEraのキャップをかぶってるのは良く目にします
ツバにある金色のシールを貼ったままの方が カッコいいらしい
というのも、数年前ゴーイングベルボでお客さんと話してて知りましたし。

昭和な時代は男の子はみんな好きな球団か、親が好きな球団の
野球帽かぶってた(かぶらされてた)イメージがありますが

現代はプロ野球帽はどの年齢層の方が多く買ってらっしゃるか?が
気になりはじめましたよ。

yakyuu06

それにしても表番号のように
誰もやってないことを最初にやった人のアイデアはすごいし、記憶に残る。

何事にも言えることだが、記憶とは不思議なもので、たとえ失敗を重ねても 最終的に成功すれば、
その成功の方が人の記憶には残ってるのかもしれません。

失敗から学ぶことも多いので、経験の積み重ねで
その道のプロフェッショナルになっていくもんだぜ!!。。。

さて、次回は 真夏がそこまで来ています!ということで
「70年代の七夕セットの中身」です。
定価200円の昭和レトロな七夕セット(1970年代のモノ)を
開封して 作って飾ってみようと思います。
時代のパワー?を感じますよ。お楽しみに!


コメント投稿

メールアドレスが公開される事はありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)