レトロをキーワードに60s70s80sのアイテムからスポットまで、
イラストレーターでもある古着屋の店主がズバリ解説しちゃいます。
戻れやしない時代に戻ってみるのさ。

【retro.008】浴衣生地鑑賞(レトロパンダとリンゴの世界)

夏が終わり、浴衣の季節も終わっちゃって、既に秋冬モードへ・・・
季節外れではございますが、夏の思ひいで
レトロな浴衣生地でも鑑賞してみましょう。
1
無い物は作ってみよう!好奇心!という事で
レトロなファッション小物でも作ろうかと
昭和レトロな浴衣生地を沢山仕入れてまして、裁断する前に
生地をじっくり見てたら、結構面白いものもあり

特に昭和な子供用の浴衣生地には、
かわいい動物柄が多いのですよ。

そしてツッコミを入れまくりたいような
おとぼけ具合も凄まじいものもあるのですが
今回はパンダ柄です。
THEパンダ柄オンパレードで!早速ご紹介してみましょう。
2
まずは、鳥さんと遊ぶパンダちゃんです。↑
なんだこの脳天気な世界は、とても無邪気で楽しそうだぞ。
転んでるのか寝そべってるのか?頭にお花まで飾っちゃってるね!
3
表情豊かなパンダちゃん↑。艶っぽいのか、なんなんだその表情は、

でもウフフと笑顔になっちゃいますが。

生地に「パンダちゃん」って描いてあるのもウケますが
カワイイもんですね。
4
お花にフルーツや風船など持ってるパンダもいますね。
 5
フルーツの中でもリンゴを持ってるのを見てみると↑

同じモチーフでも生地の色で雰囲気が違いますね。
黒いリンゴは腐ってしまっちゃったのかも。

でも「黒いリンゴ」って響きがいいなぁ
何かのタイトルや、歌の歌詞、バンド名とかであったら
しっくりきそう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

パンダやちっちゃくリンゴも入れた世界感で
絵でも描いてみましたよ。

本物のパンダは見たことないのだが

遊園地や動物園の遊具コーナーには、
平成の時代にもパンダの乗り物は健在してるのだろうか。。。
img098
作品title「瞳そらさないで」

 まるでDEENの曲のようなタイトルです(笑)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★そして最後に番外編です。★

しつこくて、すみませんが「リンゴ」つながりでいきますよっ!

残念ながらパンダ柄では無いのですが、

ストーリーのある浴衣生地の登場だ!
6
白雪姫の世界!です。
いかにも悪そうな顔でリンゴを手渡してますよ~。。。

姫は人を疑わないのか???

とびっきりの笑顔なんですけど。。。
※ここで一般的には、それは毒入りだ、食べちゃだめだよ!!!
と思うのですが。。。
7
あ~。やはり、一口食べちゃいますね。

そして毒入りなので倒れちゃいます。

小人達は、なぜか、お姫さまに、ケリを入れてしまってますね。

何か嫌なことされてたのかな?
8
最終的には王子が現れハッピーエンドみたいですね。。。
(王子の服装はほぼ小人と同じなんですが)

1枚の生地の中にも、複雑な人間関係の謎めいた物語がありました。

今回は以上です。

さて、次回は、またまたレトロ生地つながりで、
レトロ古着の柄鑑賞です。

昭和レトロな古着にはパンチの効いた
インパクト大の柄シャツも沢山ありますので
ご紹介してみましょうね!
おたのしみに!

コメント投稿

メールアドレスが公開される事はありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)