レトロをキーワードに60s70s80sのアイテムからスポットまで、
イラストレーターでもある古着屋の店主がズバリ解説しちゃいます。
戻れやしない時代に戻ってみるのさ。

【retro.010】クロンボこけしコレクション

2015年、春です。ふと気づけば桜がフワフワきれいに咲き乱れ、
気持ちもあったか春になっちゃいましたよ
今年最初の、レトロだぜ!!はじまりました。
 kuronbo
「クロンボこけしコレクション」です。
クロンボ、なんだろうこの響き。 この言葉に親しみを込めてご紹介していきましょうね。
1k
ちびくろサンボは子供の頃、読んだことがあります。
そして久留米にはクロボー(製菓)がある。
なんだか身近に感じるような気がするのです。

温泉地や観光地では、
手作り感あふれる、お土産こけしが数多く売られていた昭和な時代。

時代の流れと共に、消えてしまった品々。。。

観光地の、お土産売り場もスタイリッシュになったような気がする現代。

デザイン的にはいいのかもしれないが
ごちゃごちゃした世界が好きな私には、なんだか物足りないような気がする。
だから古いものが好きなのかもしれませんがね。

「おみやげこけし」は

今見ても、かなり意表をついてくるよ!
なんだろうこのパワー。なんなんだ、この世界。そこがまたクセになるのかも。
モダンなものや、木目を上手く利用した物に、かわいい表情のもの、
すっとぼけたような面白いものもあり、心和むしニヤリとしちゃいますね。

では早速ご紹介していきましょう!!

「」の中は、勝手に、こけしにネーミングつけてみてますよ。。
2k

まずはモダンな「ギター漫談トリオ・ザ・パンチョス」
持ってるギターはなんと栓抜き、しかもエレキ型、

これがクラシックギターの形じゃないのが面白い

これは、お洒落なインテリアの部類に入れても良いのではないのか。
3k
こんだけ数があると「THE軽音楽部」って感じで、迫力があります、
4a
続いてもギターつながり、こちらもギター持ってる??? でも
よ~く見るとウクレレなんでしょうね。

しかもご丁寧にハワイアンって書いてあります。

4b
常磐ハワイアンセンターの「ウクレレ漫談夫婦」

むかし笑点で、ウクレレ漫談の牧しんじが、

テレサテンと島倉千代子どっちが勝ったかなと?言ってたけど
答えがテレサテンだった、なぜならカタカナのなまえだからカッタカナ
と言ってたのを思い出します(ちょっと強引な展開ですが)

そしてそして、こけしにも、いろんな形があるもので。。。
5k

画像一番右の妖怪人間ベロっぽい、頭の先がとがってる玉ねぎタイプ↑のも
ステキですね。

胸とかテキトーに描いてるようなものもありますね

そして、なぜだか篠栗と書かれてます(笑) 「篠栗坊や」という事で。
※篠栗は福岡市のちかくの町で、お寺(南蔵院)とかある場所です。

つづきまして左側のはバレリーナでしょうか?

でも50sフィフティーズっぽい雰囲気もあるし、
名前は「フラミンゴ姉妹」にしときましょう。
話は変わりますが、姉妹といえば、お笑いタレントの
阿佐ヶ谷姉妹の歌唱力がずば抜けて凄いです。

そして話は戻りまして

日本の南国の観光地には、クロンボこけしも多くみられたようで、
昭和な新婚旅行の聖地だった場所といえば宮崎です。
7k
そのまんま宮崎、手前の気持ち悪そうな柄の卵っぽいのが謎なので
「恐竜の卵発見か!?by川口浩探検隊」という事で。。。ていうか

今は平成27年、昭和な時代のワイルドな川口浩探検隊を知らない?って時代になってきちゃったのかもしれませんが。。。

こちらも南国の雰囲気たっぷり、三つ編みの髪型のような

網目帽がイイね!「斜め45度な熱視線」
8k
そして勝手に番外編に進みますよ。
これは表情豊かな、土人形ですね~
9k
これは、箱をあけてビックリな趣味の品シュール。。。
10k
そして最後は、かわいいポーズ人形
11k
右の人形の顔は、僕が高橋真琴風にキラキラな目で顔を描いてみました(笑)
今回は以上です!

クロンボこけしを見てると、 気持ちもあったかく、
南国気分になったようです。

春の訪れ、福岡は気候もあったかくなってきたよ。
そう春が来たのさ。風がここちよいゼ!

次回のレトロだぜ!!は

昭和アイビーファッション についてです。
お楽しみに!!

コメント投稿

メールアドレスが公開される事はありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)